社葬の種類や費用をご相談ください

「お別れの会」は、宗旨宗派に関係なくホテルなどで行われることが多いです。一般的に、個人葬と社葬を兼ねた葬儀を「合同葬」と呼びます。企業アピールを重視し、「偲ぶ会」や「お別れの会」としてパーティ形式でホテルで行う社葬が増えています。業務遂行中に亡くなった社員の功績をたたえる目的で遺族と一緒に社葬を行う場合もあります。社葬の司会は?社葬後の手続きは?など、社葬に関することならなんでもお問い合わせください。社内外に影響のある社葬は、信頼できる葬儀社に依頼することが大切。社葬は、故人の供養でもあり、企業経営においては広報活動の意味もあります。社葬が成功させることは、企業の信用度を高めることにつながります。他企業からの参列者が集まる場でもあるので、後継者や新しい体制をアピールする場でもあります。企業や個人のイメージをふまえて、富士典礼の一級葬祭ディレクターがプランを提案。「株式会社フジテン」は、葬儀連の葬祭業安心度調査AAA認定を獲得。社葬とは、創業者や役員などの功績を称えるために企業が行う葬儀のことです。企業の規模にもよりますが、社葬には300万円から2,000万円ぐらいかかります。企業にとって社内外に対し、重要な意味があるからこそ社葬は絶対に失敗出来ません。新しい企業体制をスタートさせるためにも、企業トップの社葬は必ず成功させなくてはいけません。創業40年の富士典礼が、専門的な立場から社葬についてサポートいたします。社葬には、大きく「合同葬」「お別れ会」「社葬」の3種類あります。社葬では、故人の所属していた企業が施主になります。企業のトップの亡くなることは、故人を取り巻く多くの人に影響を与えます。富士典礼では、24時間お問い合わせを受け付けています。企業の団結力を高め、社内外に新体制をアピールすることができます。企業のトップがなくなっても、企業体制が盤石であることを社内外に周知する役割が強いです。社葬は、葬儀の運営も費用を負担するのも企業側です。中小企業で、社葬をお考えなら富士典礼にご相談ください。社葬の中では、費用が抑えられるため合同葬を行う中小企業が増えています。近年、社葬は企業アピールに利用される傾向が強まっており、宗教色が薄れています。葬儀連は1,369社が加盟する葬祭専門事業団体です。社葬をしっかり行うことで、社内の結束が高まるなど会社にとっては重要な行事。社葬の会場は、規模や参列者の人数をふまえて検討することをお勧めします。

関連記事

ページトップへ戻る